最新情報
最新情報

2017.3.1
このたび、喜重朗が、「すしの雑誌」で、躍進する、繁盛すし店、次世代すし店として紹介されました。
詳しくはこちら

2017.1.5
このたび、喜重朗が「たまら・び」で、まちの酒場、まちの地酒と題したカウンターだけで繁盛している店の特集で掲載されました
詳しくはこちら

2016.10.19
この度、新しく、喜重朗のホームページが完成しました。
今後定期的に更新をしていきますので皆様、是非楽しみにしていてください

ご挨拶
ご挨拶

この度は、数あるホームページの中から東京都立川市の立川駅北口にあります、日本酒と和食、日本酒に合うあてまき、そして寿司を美味しく味わえる居酒屋「喜重朗」のホームページをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

喜重朗は、立川から和を広め、日本酒の美味しさと日本酒に合うあての美味しさ、
お寿司の良さを広めていくために、日々お客様に喜んで頂ける和の料理とお酒を準備しております。


喜重朗のメニューは、あて、造り、酒肴、あてまきの4つのカテゴリーから構成されています。あてとしては、「3点盛り合わせ」(880円)、「サザエの旨煮」(500円)など一口二口で食べられるつまみを、酒肴としては「エビ春巻きとポン酢のサルサ」(400円)、「牛タンの味噌漬焼き」(780円)などもう少しボリュームがあり、海外の要素も加えてアレンジした創作料理を、そして、あてまきには「鯛わた」(450円)、「カキ味噌」(400円)、「うなぎクリームチーズ」(580円)、「フィラデルフィア」(680円)など全12種類を用意しています。どの料理も季節感を重視し、旬の食材をつかった創作性あふれるメニューとなっています。


合わせる日本酒は常時30種類以上常備し、特別に店主が選んだ季節の酒などの“隠し酒”も揃えております。グラス(半合)450円、一合800円均一。「黒龍」(福井・黒龍酒造)や鍋島「伯楽星」(宮城・新澤醸造店)などの人気銘柄のほかに、「るみ子の酒」(三重・森喜酒造場)や「喜多屋」(福岡・喜多屋)など、エッジの効いたセレクトが他店にはない魅力を添えています。


世界的に注目が高まる和食、寿司、日本酒。東京都立川市から海外へ、喜重朗の新たなチャレンジは続いていきます。

042-595-9885
042-595-9885
メールからのお問合せ
メールからのお問合せ